日本語

ストーリー

あなたの友人の助けを借りて、愛を見つけてください

私たちのストーリーは一目ぼれについてではありません。永遠の幸せについてであり、その実現をサポートしてくれる友人についてです。

ステファンは難なく新しい人々と出会っていました。彼はアジア系アメリカ人コミュニティの中でも有名人であり、頻繁にチャリティイベントを開催していました。その結果、彼の社会生活は非常に忙しく、恋愛生活の負担にもなっていました。彼は最近まで独身でした。

2月のある夜、ステファンはオスカー鑑賞チャリティパーティに参加しました。偶然にもマッチメイキングの映画Hitchを制作したステファンの親友テディは、すでに一通り見回っていました。テディはちょうどある新しい女性と出会ったところだったので、その夜は、ステファンのためにぴったりな相手を探すことに精力を注ぎました。ステファンはパーティに到着するとすぐに、彼はリンダを紹介されました。

リンダは最近マーケティング会社のクリエイティブディレクターとして昇進したばかりでした。彼女は自分の仕事に非常に情熱をもっており、それでいて優しく、しかしながらある理由で、ロング氏を選び続けていました。そのため、リンダは第三者の保証なく新しい関係を築くのに躊躇していました。

二人の相性は申し分のないものでした、数時間の間で、ステファンとリンダはアップルマルティーニを飲みながら笑い合い、語り、楽しく親交を深めました。

ステファンはクリエイティブなデザインの世界で大変成功を収めてきたリンダに感銘を受けました。企業家として、彼女の素晴らしい推進力、情熱、企業家精神を感じました。彼はもう、関係を先に進めたいということがわかっており、また彼の友達もそう思っていました。

自然に会話が終わったところで、ステファンとリンダは他の友達と話すために少しの間別れました。そのとき、様子を伺うためにテディがリンダに話しかけました:

 

テディ:「スティーブのことどう思った?」

リンダ:「そうね、とてもフレンドリーだわ。面白いし。そして本当に、本当に素敵な人」

テディ:「でも…?」

リンダ:「ううん、彼はたぶん私のタイプじゃないだけ。」

彼女の答えに満足できず、テディは更に続けました。

テディ:「なぜ?理由は何?」

リンダは不正直にならないようにしつつ、おどおどしながらこう認めました…

リンダ:「えっと…ううん…ちょっとだけビール腹かな…」

テディは、たぶんスティーブが会話の中で一切自分のことを話していないだろう、そしてもちろんまだリンダも内面を見ていないということがわかっていました。そこでテディは自身でスティーブのことを伝えました。

テディ:「スティーブはとても成功していて、コミュニティの中でもとても尊敬されている。彼は人間関係におびえるようなタイプの男ではないよ。そして本当に正直で誠実、そして約束を守る人で…」

 

このおかげで、リンダはまた考えました。なぜステファンは自分のタイプじゃなかったんだろう?

その夜がお開きに近づいたとき、ステファンはもう一度リンダを見つけ、3杯目のアップルマルティーニを持って彼女に話しかけました。いつも通り丁寧な口調で、こう聞きました。「リンダ、電話番号を教えてもらえませんか?」

彼女は突然、ステファンに対して前よりも心を開いていることに気づき、うつむきながら微笑みました。そして彼女は紙切れに電話番号を走り書きしました。

翌日ステファンが電話をかけ、二人は4時間まるまる語り合いました。後のことは、彼らの言うように、皆様ご存知の通り。

2010年6月26日、ステファンとリンダはロサンゼルスのダウンタウンのビビアーナで結婚式を挙げました。彼らには今キングストンという名前の2歳の息子がいます

ステファンとリンダは共通の知り合いの助けを借りて永遠の幸せを手に入れました。もしテディの素晴らしい紹介がなければ、決して一緒になることはなかったでしょう。彼らの出会いのストーリーに発想を得て、ステファンとリンダは、あなたの信頼できる友達が奇跡の一部として貢献するようなデートの機会を提供することで、世界にこの幸せを共有したいと願っています。

そしてそれこそが、M8が生まれたきっかけでした:実際の生活でハッピーエンドとなったラブストーリーから生まれたのです。

 

P.S. Check out the "cigar lighting ceremony" from Stephen and Linda's wedding: